血糖値が高くなるとどうなる?発生する病気や症状について

血糖値が高くなるとどうなる?発生する病気や症状について

血糖値が上昇してしまうとどんな病気や症状がでるのか気になりますね。

 

血糖値上昇のリスクについて紹介します。

 

高血糖が状態が続いた場合の身体的変化

 

血糖値の基準として空腹の時で110mg/dl未満、食後をしてから2時間経過した時で140mg/dl未満とされています。
この数値を超えると高血糖と診断され、食後2時間で200mg/dlを超えている人は糖尿病の疑いが強くなります。

 

血糖値,病気,症状,高い

 

そもそも、高血糖とはどういう状態なのかご存知ですか?

 

私たちの血液内にはブドウ糖とよばれる物質が流れています。その過剰なブドウ糖が、血管の中にある状態のことを高血糖と呼びます。

 

そして体内で作られるインスリンというホルモンの働きによって、糖が血中から細胞に入り使えるようになります。

 

しかし、うまくインスリンが作られなかったり、細胞へ入らなかったりすると高血糖となります。

 

この高血糖の状態が続いてしまうと、糖尿病になってしまったり、悪影響を及ぼすのです。

 

高血糖による症状とは

 

さきほど、高血糖の状態について説明しましたが、実際にどんな症状が出てくるのでしょうか。

 

自覚症状として、異常に喉が渇くそれにともなっておしっこの回数が増えます。

 

血糖値,病気,症状,高い

 

高血糖や糖尿病になると、血液中のぶどう糖が増加するのでからだが反射的に水分を欲することになります。
また、おしっこでよく言われるのが泡立つことがあげられます。

 

これは血中の等の濃度が上がり、尿の中に糖が排出されるようになってしまうことで尿糖になり、尿が粘り気をおびて泡立ちます。

 

さらに高血糖で血液がドロドロになり、血流が悪くなります。
これによって筋肉や臓器に血中の栄養素を届けることができずに倦怠感や体重減少が出てきます

 

このように、高血糖である状態が続くとからだにさまざまな影響が出てきます。
日常的に血糖値を下げることを意識して生活習慣を変えようとする姿勢が大事です。

 

 

 

血糖値,病気,症状,高い

当サイトのトップページでは食後の血糖値が高めの方、食事に含まれる糖質が気になる方におすすめの小林製薬のサラシア100の特徴やお得な購入方法などを紹介しています。
サラシア100が気になる方は当サイトのトップページをご覧ください

トップへ戻る